クロアチアの軸・モドリッチにも隙はある 狙うべき2つのタイミング

有料記事森保ジャパン

分析・筑波大蹴球部 竹内智基
[PR]

 前回準優勝のクロアチアのキーパーソンは、はっきりしている。

 前回大会でMVPに輝いた37歳のモドリッチレアル・マドリード)だ。

 身長172センチ、体重66キロの体で多彩なパスや強烈なミドルシュートを繰り出す。2018年には世界最優秀選手賞「バロンドール」を受賞した。

 日本代表やJリーグクラブの分析スタッフが輩出してきた筑波大学蹴球部と、人工知能(AI)を用いた分析会社「Bepro(ビプロ)」の協力を得て、日本が戦う国々の現状と攻略法を探ります。

 1次リーグの第2戦、4―1と勝ったカナダ戦ではチームで2番目に多い44本のパスを受けた。

 同じ中盤で、最多48本のパスを受けたブロゾビッチとともに、縦パスを入れたり、サイドチェンジしたりすることで攻撃のリズムをつくりだした。

日本が狙うべき2つのタイミング プレスの時と…

 モドリッチはとにかくよく動く。

 定位置の右MFの場所にとどまらず、左サイドや最前線にも積極的に顔を出す。

 その豊富な運動量が、ときに隙をうむことがある。

 カナダ戦の前半2分に喫した失点が、まさにそうだった。

 モドリッチは、自分の定位置…

この記事は有料記事です。残り492文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント