動じない冨安健洋、10代なのに「おじいちゃん」 福岡で見せた情熱

有料記事森保ジャパン

堤之剛
[PR]

 2016年1月31日のことだ。

 アビスパ福岡の練習試合を宮崎市内で取材した。

 ピッチサイドで写真を撮っていると、ひときわ体の細い選手がファインダーに入ってきた。

 足元の技術はそれほど高くはない。

 でも、印象に残った。

 絶えずピッチで首を左右に振っていたからだ。

 敵味方の位置を常に把握し、次の動きを予測する。

 視野の広い選手だなと思った。

 それが冨安健洋だった。

 17歳だった。

サッカーを始めたきっかけは「あごのケガ」

 この年、福岡は5季ぶりにJ1を戦うことになっていた。

 冨安はすでにプロ契約を結ん…

この記事は有料記事です。残り773文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント