「ゼロコロナ」緩和も検査に列 混乱続く中国、広がる市民のいらだち

有料記事新型コロナウイルス

北京=西山明宏 広州=奥寺淳 北京=高田正幸
[PR]

 中国で1週間前に広がった抗議デモは、政府を「ゼロコロナ」政策の緩和に向かわせたが、現場では混乱が続いている。明確な出口戦略を欠いた場当たり的な対応に、市民は振り回されている。当局は厳戒態勢でデモの再燃を防ぐ構えだが、市民の不安と不満は消えていない。(北京=西山明宏 広州=奥寺淳

 緩和の混乱を象徴するのが、PCR検査だ。

 3日午後3時、北京市中心部の繁華街・三里屯には400メートルを超える行列ができた。気温は1度。吹きつける強い風に身をこわばらせながら人々がPCR検査の順番を待っていた。その数ざっと200人余り。1時間以上待つ状態になり、あきらめて離脱する人もいた。

 最後尾に並んでいた男性は「検査しないと、どこも行けなくなるだろうから」とため息をつき、「検査場が閉まるまでに間に合うかな」と不安そうに話した。

 北京では2日以降、市内に1万カ所前後あった無料PCR検査場が軒並み閉鎖され、残った検査場に市民が集中。酷寒のなか、各地で長蛇の列ができた。

 同様の現象は各地で起きている模様で、山東省威海市で雪のなか、住民が数百メートルの行列をつくる写真などもネットで拡散している。

緩和されても「職場は検査結果を出せと言っている」

 中国ではPCR検査による1…

この記事は有料記事です。残り1522文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    吉岡桂子
    (朝日新聞編集委員=中国など国際関係)
    2022年12月5日10時42分 投稿
    【視点】

    中国で「ゼロ」から「ウイズ」へ向かう混乱が起きています。中国政府が「ゼロ」を解かなかった(解けなかった)理由は複合的だったと思います。コロナ対策に勝利した中国の物語が行き詰まるからです。①ウイズにして感染が広がった場合、医療システムが整備さ

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]