フランス快勝 ポーランドに3-1 エムバペ2発で得点王争い首位に

[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は4日、決勝トーナメント1回戦があり、連覇をめざすフランス(世界ランク4位)がポーランド(同26位)に3―1で快勝し、3大会連続の8強入りを果たした。

 フランスは前半29分、FWデンベレのクロスから決定機。滑り込んだFWジルーが触れた球は枠を外れた。しかし、同44分、FWエムバペのスルーパスからジルーが左足で先取点を奪った。ジルーは代表通算52得点目で、アンリの51点を抜いてフランス代表で歴代単独1位になった。

 後半にはクリアボールをジルーが収めたところから、速攻でエムバペが追加点を挙げた。終盤にもエムバペはゴール前の個人技からこの日2点目。今大会5得点目で得点ランキング単独トップに立った。

 ポーランドは前からの守備で圧力をかけた。前半38分には絶好機をつくり、MFジュリニスキらが立て続けにシュートを放ったものの、相手の好守にはね返された。終了間際にビデオ判定で得たPKをFWレバンドフスキが決めて1点を返したが、及ばなかった。

 フランスは10日の準々決勝で、イングランド(世界ランク5位)と対戦する。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント