「2人の亡霊を追いかけてきた」 16強の壁に挑む吉田麻也の決意

有料記事森保ジャパン

潮智史
[PR]

 クロアチアとの決勝トーナメント1回戦を控えた4日夕、代表チームは仕上げの練習を非公開で行った。久保建英を除く25人がピッチで汗を流した。

 練習後のミックスゾーン取材に、最後に姿を現したのは主将の吉田麻也だった。

 過去、日本が3回はね返されてきたベスト8への壁。柔らかな表情は準備が整ったことを物語る。気負いのない、適度な緊張感。冗談も挟みながら、前回大会から4年を経て臨む大一番について語った。

 「ベスト16の壁を破るためにいろいろなものを犠牲にしてやってきた。1次リーグを突破しないとここには来られない。逃せば、また4年後にしか機会は巡ってこない」

 クロアチアは試合巧者として…

この記事は有料記事です。残り531文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント