<おかしとことば>12月 かぶらのまんじゅう 冬の畑のまぶしい命

KANSAI

編集委員・長沢美津子
[PR]

 その白さに、はっと胸をつかれるような「かぶら」が12月のお菓子です。

 冬の訪れを告げる京野菜を薯蕷(じょうよ)まんじゅうで作っています。生地に使う丹波のツクネイモも新芋になりました。千枚漬けでおなじみですが聖護院カブの肉質はきめ細かくて、その朝に蒸し上げたまんじゅうの肌のぬくもりとも重なります。

 作り手が古典をどう表現するかを味わう楽しみは、和菓子も同じ。この「かぶら」を「鍵善良房」の今西善也さんは、愛らしく、とはいえ作り込まず抽象的に仕上げたといいます。丸みや色合いなど細部を吟味するところに、お店のカラーが出ています。カブの茎に見立てているのはこなし生地ですが、みずみずしい緑が白によく映えます。

 京都と野菜といえば、江戸中期の画家・伊藤若冲は生家が錦小路の青物問屋でした。生涯にわたって野菜を題材に選んでいることを、福田美術館の岡田秀之学芸課長は「幼い頃から身近にあって、商品として自分の生活を支えてくれる野菜は、若冲にとって特別に大事な存在でした」と話します。たとえば同館所蔵の最初期作とされる「蕪(かぶ)に双鶏図」で、畑のカブの葉は端が枯れて虫食いの穴が無数にあいています。「見たままではなく、そう描きたかったという命の表現です。どんな思いを込めたのでしょうか」

 若冲が生きたのは、和菓子の美意識が花開くのと同じ時代でした。小さなものを愛を持って見つめるまなざしは、どこか共通するように思えます。(編集委員・長沢美津子

12月のおかし

銘 かぶら 薯蕷を京都では上用とも書き、上等なまんじゅうの代名詞。中は小豆のこしあんで白と黒のコントラストが美しい。

協力:今西善也 京都祇園町「鍵善良房」15代主人。

協力:今西善也 京都祇園町「鍵善良房」15代主人。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
#KANSAI

#KANSAI

近畿の魅力を再発見する新企画。社会・経済から文化・スポーツまで、地元愛あふれるコンテンツをお届けします。[記事一覧へ]