決めきれなかったセネガル 「マネがいれば…」大きかったエースの穴

岩佐友
[PR]

 (4日 決勝トーナメント1回戦 イングランド3―0セネガル)

 セネガルを応援する誰もが思っただろう。FWマネがいれば――。

 前半30分ごろまで敵陣に攻め込む時間が長かった。右クロスのこぼれ球をFWのI・サールが詰めるも枠の外へ。FWディアのゴール前でのシュートはGKの好守に阻まれた。

 チャンスを作りながらも決めきれない。ドイツの強豪バイエルン・ミュンヘンで活躍する絶対的エースを大会直前の負傷で欠きながら勝ち進んできたが、強豪相手の一戦で影響が出た。シセ監督は「マネがいなかったのは大きかった。序盤で得点できていれば、展開は違った」と悔しがった。

 初出場で8強入りした2002年日韓大会の再現はならなかった。当時の主将だったシセ監督は「すべてにおいてイングランドはワールドクラスで、トップとの差を感じた試合だった。次のW杯に向けて、また挑戦を始めなければいけない」と語った。(岩佐友)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント