被害者救済新法案の修正案、自民が野党に提示へ 旧統一教会問題

榧場勇太
[PR]

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題を受けた被害者救済新法案について、自民党高木毅国会対策委員長は5日午前、立憲民主党安住淳国対委員長と国会内で会談し、野党側が求めている修正について、同日午後に茂木敏充幹事長から回答すると伝えた。

 高木氏は会談後、記者団に「いくつかの修正提案があるので、茂木幹事長から午後にでも答えをさせていただくと申し上げた」と述べた。政府・与党は、寄付を勧誘する際の配慮義務規定に実効性を持たせるため、規定に従わない場合は何らかの行政処分を行う案などを検討している。茂木氏が、立憲の岡田克也幹事長にこうした修正内容を伝えるとみられる。

 安住氏は「自民党との間に合意点をまだ見いだしていない部分があるので、引き続き幹事長レベルを含めて合意に向けた話し合いはさせていただきたい」と語った。

 政府・与党は10日に会期末を迎える今国会での新法案の成立を目指している。一方の野党側は、今の政府法案では「実効性が不十分」だとして、十分な審議時間を要求している。(榧場勇太)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント