「夢は高校生棋士」堺の中学生が奨励会に合格 師匠は冨田誠也四段

有料記事

井石栄司
[PR]

 中学1年生の寺下絆南(きずな)さん(13)が将棋を始めたのは、5歳のときだった。祖父に手ほどきを受けたのがきっかけで、地元・堺市の将棋教室に通い始めた。

 勝ったり負けたり。

 それが面白く、どんどん将棋にはまっていった。

 めきめきと腕を上げ、小学3年生でプロ棋士養成機関「奨励会」をめざす子が集う「研修会」に入った。

 場所は、大阪市福島区関西将棋会館。会館近くにある小林健二九段の教室にも通うようになった。

「弟子にしたい」「弟子になりたい」

 そこで知り合ったのが、小林九段の門下で、当時はまだ奨励会員だった冨田誠也四段(26)だった。

 冨田四段は当時のことをよく覚えている。「自分が気がつかない手を指すので、低学年ながらセンスのある子だと思った」

 棋士になったら彼を弟子にしたい、とも思った。

 一方の寺下さん。「将来は弟子になりたい」と、冨田四段を慕っていた。

 5年生のとき、寺下さんはスランプに陥り、一時将棋から遠ざかった。

 「将棋を義務としてやるとし…

この記事は有料記事です。残り579文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント