「ばらまきより将来への投資を」 政権運営に対する企業トップの本音

有料記事

栗林史子 田中奏子
[PR]

 朝日新聞の主要100社を対象にしたアンケートで、岸田文雄首相の政権運営を「評価する」と回答した企業が約5割にのぼった。ただ、5~6月に実施した前回調査より減少し、経済対策には「ばらまきだ」と批判の声もあった。

 調査は春秋の年2回行っている。今回は11月14~25日に実施した。

 岸田首相の政権運営全般に対する評価は、「大いに評価する」が2社、「ある程度評価する」が44社だった。両者の合計は、6月の前回調査より16社減った。一方、「どちらともいえない」が7社増の22社、「あまり評価しない」が6社増の10社となった。

 岸田首相が掲げる「新しい資本主義」への注文が目立った。SOMPOホールディングス(HD)の奥村幹夫社長は「『新しい資本主義』は欧米に追いつこうとしているようにしか見えない。どのような国を作ろうとしているのか、具体的に国民へ示してほしい」。

 岸田政権の原油や原材料、物価高への対策は「ある程度評価する」が29社、「あまり評価しない」が22社と割れた。「どちらとも言えない」も27社あった。

 政府は10月末、追加歳出29兆円を伴う総合経済対策を発表した。ガソリンや電気料金などの負担軽減策を盛り込んだ。東京製鉄の西本利一社長は「全国旅行支援やガソリン・電気代補助などのばらまきよりも、将来の好循環を生むような投資に向けるべきだ」と話す。東京海上HDの岡田健司専務も「低所得者層に絞った対策など、ワイズスペンディング(賢い支出)は必須」と指摘する。

規制改革は「不十分」

 評価する分野(二つまで)は…

この記事は有料記事です。残り371文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
富はどこへ 異次元緩和10年 5つのなぜ

富はどこへ 異次元緩和10年 5つのなぜ

金融緩和とは結局、何だったのか。分かりやすいイラストや専門記者の解説で探るとともに、私たちの暮らしへの影響を検証します。[記事一覧へ]