札幌証券取引所への上場数、久々の高水準 企業への営業強化が効果

有料記事

日浦統
[PR]

 2022年に札幌証券取引所に株式を上場した企業は5社で、15年ぶりの高水準となった。東京証券取引所への一極集中で、企業の「札証離れ」が進むなか、地元証券界に精通した人材の活用や個人株主を増やす活動の支援など地道な取り組みが実を結んでいる。

 国内最大級の保険選びサイト「保険市場」を運営するアドバンスクリエイト(本社・大阪市)が6日、札証に上場する。同社は東証プライム、福岡証券取引所にも上場している。

 札証では今年最後の新規上場企業で、他市場に上場している本州資本の企業の上場は1989年以来となる。同社は現在、札幌市にあるコンサルタントプラザの拡充を計画中。横山欣二取締役は「札証上場は就職活動中の学生へのアピールになる」と語る。

 札証にはピークの1977年…

この記事は有料記事です。残り459文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント