車いすで1人、カタールに来た大学生 吉田麻也が試合前にかけた言葉

有料記事森保ジャパン

ドーハ=江戸川夏樹
[PR]

 ワールドカップ(W杯)カタール大会。試合直前の日本代表に最も近づいた大学生がいる。6日午前0時(日本時間)に始まったクロアチア戦も日本代表の雄姿を見守った。

 中央大学3年の持田温紀(はるき)さん(22)。車いすで1人、飛行機を乗り継ぎ、カタールへやってきた。

 日本―コスタリカ戦があった11月27日。「試合前だけですが、ピッチに行きますか?」。そうスタッフに尋ねられた。FIFAは、車いすユーザーに対して、選手の近くに招待することを表明している。

 ピッチ脇で、日本代表が国歌を斉唱する姿を間近で見つめた。少し緊張した、でも意気揚々とした選手たちの表情を目に焼き付ける。「一番忘れたかった日が、忘れられない日になりました」

 6年前のこの日、自転車事故…

この記事は有料記事です。残り793文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント