名古屋城天守木造化、市がエレベーター設置方針 「不十分」の指摘も

有料記事

関謙次 山下寛久
[PR]

 名古屋市が進める名古屋城天守木造化で、市は小型エレベーター(EV)の設置をめざす方針を決め、5日公表した。市はEV設置方針を盛り込んだ「全体計画」を今年度中にまとめ、文化庁に解体・復元の許可を求めていく考えだ。一方、障害者団体からはバリアフリー化が不十分との指摘が出ている。

 市は今年4月、新天守をバリアフリー化する技術公募を開始し、この日の市議会経済水道委員会で審査結果を示した。市によると、公募には9社が応じ、最終的に残った4社から三菱重工グループのMHIエアロスペースプロダクション(名古屋市)が提案した垂直昇降機を、有識者でつくる評価員が最優秀とした。同社は航空機関連の製造物流などを手がけており、搭乗機材の技術を応用してEVを開発するとの内容が「実現性がある」と評価された。

 市は「史実に忠実な復元」をめざしており、新天守の主構造となる柱や梁(はり)を傷めないことなどを応募の条件としていた。最優秀案のEVは柱や梁の間に収まるよう、最大4人乗りのサイズに小型化。車いすの人が使う場合、介助者との計2人が一度に乗ることができるという。

EV不設置表明に障害者団体など反発

 EVは1階ごとに設ける方針…

この記事は有料記事です。残り652文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    岩尾真宏
    (朝日新聞名古屋報道センター次長)
    2022年12月5日21時6分 投稿
    【視点】

    名古屋城の天守は、徳川家康の命で1612年に建てられました。300年以上その姿をとどめてきましたが、太平洋戦争末期の空襲で焼け落ちました。戦後、市民の寄付などによってコンクリート製で再建され、屋内外に計3基のエレベーターが取り付けられました