「避難にも必ずサッカーボール」 モドリッチと同じ戦争経験した女性

矢島大輔
[PR]

 「空襲から避難するシェルターにも、必ずサッカーボールを持っていったそうです」

 大阪府豊中市に住む、クロアチア出身の山崎エレナさん(51)は、親交があるルカ・モドリッチ選手(37)の父親から聞いたエピソードを明かす。

 茶道を学ぶために1990年代に来日後、日本人男性と結婚。NPO法人「日本クロアチア交流協会」を自宅で営み、通訳やコーディネーターとして両国をつないできた。モドリッチ本人とも知り合いだ。

 首都ザグレブ出身。クロアチアでは91~95年まで内戦が続き、エレナさんの自宅のタンスには、自衛のための手榴弾(しゅりゅうだん)がゴロゴロ入っていた。モドリッチ選手は子どもの頃、避難先のホテルや地雷が埋まった広場でボールを蹴っていたという。「それが私たちの日常やったんです。戦争の苦労は忘れられません」

 エレナさんはサッカーに関心はなかったが、祖国が初めてW杯に出た98年のフランス大会で変わった。戦禍から立ち上がった代表が3位に入ったときは涙があふれ出た。

 今回のW杯は、ロシアによるウクライナ侵攻のさなかに開催され、複雑な気持ちでいる。「騒いでてええんかなって。祈るしかない」

 クロアチアと日本。両国のチームの活躍を願っているが、今回は日本を応援する気持ちが強いのだという。「コツコツ続けてきた努力がようやく実る場やねん。歴史をかえるチャンスやねん」(矢島大輔)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
サッカーワールドカップ

サッカーワールドカップ

日本代表の試合結果や海外の注目選手まで、ワールドカップのニュースや情報をお伝えします。[記事一覧へ]