60㌔の荷物で50㌔歩行、ヘビの調理も…陸自で最も過酷な訓練とは

有料記事

山本大輔
[PR]

 総重量約60キロの荷物を身につけ山中の道なき道をほとんど寝ずに歩き、植物や野生動物を食す――。

 陸上自衛隊小倉駐屯地で5日、最も過酷とされる約3カ月間のレンジャー訓練が終わった。参加した隊員27人のうち、脱落せずに帰還できたのは12人だった。

 北九州小倉南区北方にある小倉駐屯地で午前9時過ぎ、自衛官たちが道路脇に列をなしてつくった花道の真ん中を、訓練から帰還した12人が、最後の力を振り絞って行進した。

 背負うリュックは40キロ以上の重量があり、手に抱える機関銃や携帯式対戦車弾、弾倉などを加えると総重量は60キロにもなる。

 重さで後ろに倒れてしまうため、隊員は常に前かがみの姿勢だ。

最初の1カ月半で10人脱落「すでに地獄」

 疲労が色濃く刻まれた表情の…

この記事は有料記事です。残り1186文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント