テラハ問題、木村花さん母がフジテレビなどを提訴 「出演者守らず」

田中恭太 根岸拓朗
[PR]

 フジテレビの恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演したプロレスラー木村花さん(当時22)が命を絶った問題で、母親の響子さん(45)が6日、番組を制作したフジテレビなどを相手取り、「出演者の心身の健康を損なわないようにする義務を怠った」として、約1億4200万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。東京都内で会見し、明らかにした。

 花さんは2020年にネット配信・放送されたテラスハウスをめぐり、SNSで匿名の中傷を相次いで受け、同年5月に自殺した。

 フジテレビのほかに被告になったのは、番組を共同制作したE&W(放送当時の社名はイースト・エンタテインメント)と、同社から制作事業を承継したイースト・ファクトリー(いずれも東京)。

 響子さん側は訴状で、テラスハウスの制作側は「リアルであることを積極的に宣伝し、出演者が標的になりやすい構造をつくっていた」と指摘。出演者が深刻な誹謗(ひぼう)中傷などにさらされる危険性があり、撮影、編集、配信などを通じて、花さんの心身の健康に注意・配慮し、中傷に対応する義務があったのに、これを怠っていた、と訴えている。

 放送倫理・番組向上機構BPO)の放送人権委員会は21年3月、「放送倫理上の問題があった」と認定した。一方、花さんへの精神的ケアなど一定の対応が取られた上で放送すると判断されたとして、人権侵害があったとまでは断定できないと結論づけた。

 提訴後に会見した響子さんは「裁判は避けたかったが、(フジテレビなどに)一度も真摯(しんし)な対応をしてもらえず、やむを得ず提訴した。若い人たちが夢を搾取されるようなことは、これ以上起きてほしくない」と述べた。

 訴状では、本編を見てスタジオでトークする出演者が、番組中の花さんの言動や行動に否定的なコメントを繰り返し、SNS上の「炎上」や中傷をあおっていたことも指摘した。

 響子さんはこうした番組のあり方について「出演者を使い捨てにしていると感じる」と語った。

 「自分の家族や大事な人が出演していたら同じことはできないと思う。出演者を人として扱ってほしい」

 提訴に対し、フジテレビは「訴状が正式に届いていないのでコメントは控える」、E&Wとイースト・ファクトリーは「訴状が届き次第、対応を検討したい」としている。田中恭太 根岸拓朗)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント