万博キャラ「ミャクミャク」ライセンス事業 電通などのJVと契約

有料記事

箱谷真司
[PR]

 2025年開催の大阪・関西万博を運営する日本国際博覧会協会は5日にあった大阪府議会で、万博の公式キャラクター「ミャクミャク」のライセンス運営管理事業者に広告最大手「電通」などでつくる共同企業体(JV)を選び、11月末に契約を締結したことを明らかにした。

 電通は、東京五輪パラリンピックのテスト大会業務をめぐる入札談合事件で、東京地検特捜部公正取引委員会から独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで家宅捜索を受けている。

 ライセンス事業の募集要項では、法令や公序良俗に反するおそれがあれば、契約を解除する場合があると定めている。5日の府議会で、大阪維新の会の角谷庄一府議は、「捜査が入っている状況で契約するのは(要項に)抵触しないのか」と指摘した。

 同協会の担当者は、府などか…

この記事は有料記事です。残り155文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント