プーチン大統領、クリミア橋を車で走行 10月に爆発、片側を修復

ウクライナ情勢

[PR]

 ロシアのプーチン大統領は5日、ロシアが実効支配するウクライナ南部クリミア半島とロシアを結ぶ「クリミア橋」を車を運転して走行した。クリミア橋は10月8日の爆発で道路の一部が崩れた。片側の車線の修復を終え、この日に走行を再開していた。

 ロシア国営テレビが、プーチン氏が運転する場面を放映した。ドイツメルセデス・ベンツを運転し、助手席のフスヌリン副首相から説明を受けた。

 ロシアは2014年にクリミアを一方的に併合し、政権はロシア国民に対し、クリミアを「愛国心の象徴」として掲げてきた。ロシアはクリミア橋の爆発をウクライナの特殊部隊の犯行によるものと主張しており、プーチン氏が自ら運転することで、「ウクライナに負けない強い大統領」を演じる狙いがあるとみられる。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
ウクライナ情勢 最新ニュース

ウクライナ情勢 最新ニュース

ロシアのウクライナ侵攻に関する最新のニュース、国際社会の動向、経済への影響などを、わかりやすくお伝えします。[記事一覧へ]