ブラジルメディア「初めて壁超えるかに見えたが…」日本の中盤を称賛

サンパウロ=軽部理人
[PR]

 カタールで開催中のワールドカップ(W杯)でクロアチアと戦い、敗退した日本代表について、準々決勝で対戦する可能性があったブラジルや、次回W杯をカナダメキシコと共催するアメリカのメディアは称賛を送った。

 ブラジルメディア「グローボ」は、「リードからの敗退、2018年(のW杯)が再現された」との見出しで記事を配信。前回のロシアW杯でも、決勝トーナメント1回戦でベルギー相手に2―0とリードしながら、試合終了直前に逆転負けしたことを挙げ「ベスト16の壁を初めて越えるかに見えたが、4年前同様に夢が破れた」と記した。

 一方で、日本がドイツスペインに勝利を収めてグループリーグを1位通過したことについて「欧州の強豪を沈め、(前回準優勝の)クロアチアにも互角の戦いを演じた」と評価。特に守田と遠藤は「クロアチアのスーパースター(モドリッチ)を封じ込めた」とたたえた。

 米メディアのESPNは「日本の後半の攻撃は有効だったが、クロアチアのゴールキーパーが見事なパフォーマンスを見せた」と指摘。試合会場に多くの日本サポーターが駆けつけたことにも言及し、「(日本サポーターは)太鼓を運び込み、競技場でショーを演じていた。クロアチアサポーターの人数よりもずっと多かった」と報じた。(サンパウロ=軽部理人

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント