三笘止められ、漂う手詰まり感 日本に足りなかった攻め手とアイデア

有料記事森保ジャパン

藤木健
[PR]

 (5日 決勝トーナメント1回戦 日本1―1《PK1―3》クロアチア)

 仕留めきれなかった。90分間でも、延長戦でも。そして日本は、8強入りをPK戦に委ねる形になってしまった。

 120分間の終わりを告げる笛に、フル出場したMF伊東純也は思った。「まだ体力的には走れたけど。延長戦が終わってしまった」

 前半43分、相手の目線を変えるショートコーナーから、最後はFW前田大然が左足で先取点を奪った。「練習でやっていた形」(伊東)と狙い通りの1点だった。

 間もなく迎えたハーフタイム。選手たちは声をかけ合った。

 「しっかり守って、もう1点…

この記事は有料記事です。残り546文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント