静岡の保育園児虐待受け、保育所の実態や自治体対応を調査へ 厚労省

久永隆一
[PR]

 静岡県裾野市の私立認可保育園で保育士3人が園児への暴行容疑で逮捕された事件を受け、加藤勝信厚生労働相は6日の閣議後会見で「保育所における実態や自治体における対応を把握するための調査を行うことも検討したい」と述べ、今後、国としても調査に乗り出す考えを示した。

 加藤氏は今回の事件では、園長が職員に口止めを図ったり、市の対応が遅れたりした問題が指摘されていると説明。「子どもの安全安心が十分に配慮されなければいけない場所であるにもかかわらず、このような事案が起きたことはあってはならない」と話した。

 厚労省は事実の隠蔽(いんぺい)や対応の遅さによって、子どもたちへの虐待が激化するなど、事態をより深刻化させる懸念があるとして、全国の自治体に注意喚起を行うための事務連絡を近く出す方針だ。(久永隆一)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント