1、2歳の園児に暴行容疑 保育士2人を書類送検 富山のこども園

有料記事

竹田和博
[PR]

 富山市の私立認定こども園「本郷町保育園」で、職員が複数の園児に対して虐待とみられる行為をしていた問題で、富山県警は6日、いずれも20代の保育士の女2人を暴行容疑で富山地検に書類送検し、発表した。ともに行為は認めているが、「暴行のつもりはなかった」という趣旨の供述をしており、容疑を一部否認しているという。

 県警捜査1課によると、書類送検されたのは、いずれも同市に住む、同園の元保育士と現職の保育士。

 元保育士は8月上旬~下旬に、園内で1~2歳の園児4人に対してそれぞれ、両足を持ち上げ、逆さづりにして体を引きずる▽棒で尻を数回突く▽両腕をつかみ上げて物置に押し込む▽右腕を引っ張り体をひきずる、の各暴行をした疑い。

 同園によると、この元保育士は、9月初めに園の聞き取りで事実を認め、自宅待機となった後、11月末に退職したという。

 もう1人の現職の保育士は8月下旬、元保育士からの被害を受けた2歳の園児1人に対して、座っていたいすを引き抜いて尻餅をつかせた疑いがある。

 園児4人にけがはなく、県警はいずれも単独での犯行とみているという。

 この問題をめぐっては、9月…

この記事は有料記事です。残り399文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント