「日本抜きで米韓同盟機能せず」 韓国議員団、7年ぶり在日米軍視察

有料記事

牧野愛博
[PR]

 韓国国会の国防委員会に所属する議員9人が5、6両日、横田と横須賀の在日米軍基地を視察した。横田には朝鮮戦争(1950~53年)に伴って創設された朝鮮国連軍の後方司令部が置かれ、同軍は横田、座間など日本国内7カ所の在日米軍施設・区域を使用できる。視察した韓国与党「国民の力」の申源湜(シンウォンシク)議員(元陸軍中将)は6日、「日本抜きで韓米同盟は機能しない」と語った。

 ――視察した内容を教えてください。

 与党3人のほか、野党の共に民主党5人、正義党1人の9人で視察しました。新型コロナウイルスの流行もあり、韓国の国会議員が国連軍後方基地を視察するのは7年ぶりです。5日に横田、6日に横須賀にある米軍基地を視察しました。国連軍後方基地や在日米軍の役割などについてブリーフィングを受けました。

 ――視察の目的は何だったのでしょうか。

 韓米同盟の重要性については、与野党で一致したコンセンサスがあります。でも、日本の重要性については意見の相違があります。秋に行われた韓米日合同訓練を巡っても、野党から(「極端な親日国防」といった)反発の声が上がりました。

 ただ、朝鮮半島有事の際、米本土などからの支援は全て日本を経由します。国連軍地位協定はありますが、日本が拒めば、韓国に対する支援は難しくなります。国防委員会のメンバーは入れ替わるため、国連軍の後方基地機能について理解してもらうことは、大きな意味があります。

日韓GSOMIA,「来春には正常化するだろう」

 ――韓国は現在、日韓の軍事…

この記事は有料記事です。残り291文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント