決勝Tはボーナスステージ?もはやそんな時代ではない 国吉好弘さん

有料記事森保ジャパン

聞き手・田中祐也
[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)で、日本代表は今大会も悲願のベスト8に届かなかった。今大会で見えた日本代表の現在地と課題とは。サッカージャーナリストの国吉好弘さんに聞いた。

     ◇

 クロアチアとの試合は、全体を通して見ると相手のほうが優勢だったかもしれないが、日本が実力で劣っていたとは思えない。

 強豪とこういう戦いができるレベルまで上がっていると実感した。最後のPK戦は経験の差が出てしまった。

 これまで組織力では勝るが、個の力が弱いと言われてきた。だが今大会、遠藤航三笘薫は1対1の勝負で勝っていた。

 メンタル面でもタフになった。鎌田大地堂安律は、ドイツスペイン相手でも臆するところはなかった。

 彼らは生まれたときからW杯に出るのが当たり前の世代。自分たちも海外のチームで確固たるポジションを確保している。そういう自信の表れだろう。

成長した日本代表 高校・大学のサッカー部の存在が一役

 こうした日本代表の成長ぶりは、サッカー界全体の一歩一歩の積み重ねに尽きる。その中で、日本特有の事情を考えると、高校と大学のサッカー部の存在が大きいと思う。

 Jリーグのユースに上がれな…

この記事は有料記事です。残り826文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント