PK戦は運次第?「研究されていたかも」東京五輪と同じだったコース

有料記事森保ジャパン

勝見壮史
[PR]

 (5日 サッカー・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦 クロアチア1―1《PK3―1》日本)

 その瞬間、日本のサポーターがどっと沸いた。

 120分で決着がつかず、突入したPK戦の直前。主審のコイントスで、日本サポーターが陣取っていた側のゴールでPKを行うことが決まったからだ。

 かつて日本代表監督を務め、5月に80歳で亡くなったイビチャ・オシムさんは、PK戦が好きではなかった。

 「くじ引きみたいなもの」

 そう表現して、PK戦になると控室に戻ってしまうほどだった。

 「PK戦は運」

 サッカー界では定説のように言われている。

 はたして、そうなのか。

昨夏のPK戦と同じコース 「研究されていたかも」

 サポーターの後押しを得られる、という意味でPK開始時点では、運命のてんびんは日本に傾いているように見えた。

 先攻の日本は立候補する形でキッカーを決めていった。

 1人目はMF南野拓実。インサイド気味に丁寧に蹴ったが、ゴール右よりのシュートは相手GKリバコビッチに防がれた。

 振り向き、何かを叫ぶ南野。

 張りつめていたスタジアムの…

この記事は有料記事です。残り742文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント