ヤフーニュース投稿、513万件を削除 21年度、全体の3.2%

有料記事

渡辺淳基
[PR]

 ヤフーは6日、同社サイトでの不適切な投稿への対応状況をまとめた「メディア透明性リポート」の2021年度版を発表した。もっとも利用の多い「ヤフーニュース」のコメント欄では、年間計1億5923・2万件の投稿のうち、513・1万件(約3・2%)を不適切と判断して削除した。

 ヤフーはサイト内の投稿について、個人に対する誹謗(ひぼう)中傷やわいせつな内容を禁止している。違反する投稿は、人の目やAI(人工知能)が判断し、早ければ数秒で削除している。

 リポートは、昨冬の20年度版に続き2回目。ニュースへのコメントで削除対象となった投稿の比率は、前年度の3・3%からわずかに減少した。

 今回はニュース、日常の疑問…

この記事は有料記事です。残り475文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    藤井涼
    (CNET Japan編集長)
    2022年12月7日13時6分 投稿
    【視点】

    コメント欄の非表示はたびたび目にするようになりましたが、昨年はこれだけの数のコメントを削除していたのですね。2022年11月からは、不適切な投稿を繰り返すユーザーへの「投稿停止措置」を確実に実施すべく、「Yahoo!ニュース」コメント欄へ投