冨安健洋、4年後は「長友、吉田のように」 恩師が期待する未来の姿

有料記事森保ジャパン

板倉大地
[PR]

 6日未明のサッカー・ワールドカップ(W杯)で日本代表の悲願の8強入りをかけたクロアチア戦を、J1アビスパ福岡チーム強化部所属で、アカデミーのテクニカルアドバイザーも務める藤崎義孝さん(47)は自宅で見守った。日本代表のDF冨安健洋選手(24)をジュニアユース時代から5年間指導した。「育った選手が大舞台でプレーする姿はうれしい」

 PK戦までもつれ込んだ激戦。冨安選手は守備では相手のシュートに足を合わせ、攻撃では縦パスを繰り出し躍動した。「タケがいると攻守で安心感が違う」

 触れたボールを相手にカットされ、その後に打たれたシュートをGKの権田修一選手がセーブするなど、ひやりとする場面もあった。試合後、冨安選手は自身について「個人のパフォーマンスは良くなかった。チームに迷惑をかけた」とコメントし、悔しさをにじませた。

 藤崎さんは「本人はもっとや…

この記事は有料記事です。残り424文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント