世田谷代田駅が人気の理由 「silent」プロデューサーの狙いは

有料記事東京インサイド

野田枝里子
[PR]

 東京・世田谷にある小田急線の小さな駅にいま、多くの人が押し寄せている。人気の下北沢駅の隣で、乗降者数は10分の1以下。各駅停車しか止まらない世田谷代田(だいた)駅だ。放送中の人気ドラマ「silent」で登場したことがきっかけ。ブームの裏には小田急電鉄の戦略と、ドラマプロデューサーの狙いがあった。

 新宿駅から13分、世田谷代田駅は閑静な住宅街にある。改札を出ると、ジョギングや犬の散歩をする地元住民の姿がみえる。遠くには山も見え、大都会にいることを一瞬忘れてしまいそうだ。

 「このベンチがイヤホンを拾ってあげるシーンのところだ!」。平日の午前中にもかかわらず、改札前のベンチに人だかりができていた。若い女性から子供連れ、カップルら。地面に落ちたイヤホンを拾うなど、ポーズを決めて写真を撮っている。

 このベンチは、フジテレビ系列のドラマ「silent」で、登場人物の2人が再会するシーンが撮影された場所だ。

 「silent」は、川口春奈さん演じる主人公の「青羽紬(つむぎ)」と、目黒蓮さん(Snow Man)演じる「佐倉想」のラブストーリー。想は聴力を失ったという想定で、「音のない世界」で2人が再会する物語は、ツイッターで世界トレンド1位を獲得した。

 ドラマでは駅のホームや改札、橋や階段といった多くが世田谷代田駅で撮影された。休日は、「聖地巡礼」に訪れるファンであふれかえる。

 小田急線の「地味な駅」が人気ドラマ「silent」に登場したことで注目を集めています。記事後半では、なぜ世田谷代田駅が物語の舞台になったのか、小田急電鉄やフジテレビの村瀬健プロデューサーが明かしています。紬と想が再会したベンチなど、主なロケ地の紹介もあります。

 都内に住む会社員の逢坂美穂…

この記事は有料記事です。残り2266文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
東京インサイド

東京インサイド

東京の気になるニュースや街の話題が満載。あなたの「!」「?」に答えます。[記事一覧へ]