• アピタル

満杯に近いコロナ病床 北海道旭川市の病院、逼迫する要因は

有料記事

三木一哉
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大が収まらないなか、北海道内で最も病床が逼迫(ひっぱく)している地域のひとつが旭川市だ。地域医療を担う旭川赤十字病院の牧野憲一院長に現状を聞いた。

 「コロナ専用病床は満杯に近い状態。(用意している)26床のうち25床まで埋まった日もある」

 牧野院長は、感染再拡大が本格化した11月以降の病床の稼働状況についてそう説明する。

 コロナ患者を受け入れている市内の病院は、旭川赤十字を含め11院あり、確保病床は211床に上る。その稼働率は12月6日時点で69・7%。確保病床が196床だった10月12日時点では36・2%で、実質的には倍増した形だ。

 病院の負担をさらに強めているのが、病院や高齢者施設で相次ぐクラスター(感染者集団)だという。

 「今、入院してくるコロナ患…

この記事は有料記事です。残り840文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント