「一緒に年を取りたかった」 クリニック放火から1年で遺族が談話

有料記事

山本逸生
[PR]

 大阪市北区のクリニックで昨年12月、26人が犠牲となった放火殺人事件から間もなく1年となるのを前に、遺族の代理人弁護士らが6日、大阪市内で記者会見を開き、事件で夫を亡くした女性2人の談話を公表した。遺族は癒えることのない悲しみを訴えた。

 「私の時間はあの日で止まっています」。女性の一人はそうつづった。クローゼットの服やげた箱の靴、シャンプーや歯ブラシまで、夫のものはそのままという。

 「一緒に年を取って夫より1日早く死にたかった。夫のいない世界で生きていたくなかった」と吐露した。この1年は「あっという間」だったといい、周囲の支えで生きてこられたという。

 子どもはまだ幼く、父親との思い出がどれほど残っているのか不安も明かした。「父親は写真と動画の中にしかいないのかもしれません。私はそれが本当に寂しくて悲しいです」

 関西地方の別の女性は事件後、夫がいない初めての子どもの運動会を迎えた。「一緒に見てくれているかな」。女性は空を見上げ、心の中で夫に話しかけたという。毎晩、仏壇に向かって語りかけ、返事がないことに涙する日々だという。

 「この1年は、本当ならば彼…

この記事は有料記事です。残り540文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント