AOKIHD社長、半年で交代 五輪汚職とは「関係なし」

山下裕志
[PR]

 紳士服大手AOKIホールディングス(HD)は6日、東英和社長(57)が代表権のない副社長になり、田村春生副社長(65)が社長へ昇格する人事を発表した。同日付。同社によると、東氏から健康上の理由で辞任の申し出があったという。東氏はガバナンス体制の強化などのため、6月に就任したばかりだった。

 田村氏は1980年に横浜銀行入行。2003年にAOKIHDのグループ会社へ入り、06年にAOKIHDへ移った。常務取締役などを経て10年から副社長を務めていた。

 東京五輪パラリンピックをめぐる汚職事件では、AOKIHDの前会長ら3人が贈賄罪で逮捕・起訴された。同社は今回の人事について「事件とは一切関係ない」と説明している。(山下裕志)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント