マンホール爆発事故、死者2人に 地下に取り残された作業員も死亡

御船紗子
[PR]

 東京都江戸川区にある都水道局の地下施設につながるマンホールで6日午前に爆発が発生し、50代くらいの男性作業員が亡くなった事故で、意識不明だった30代くらいの男性作業員も同日夜に死亡が確認された。

 爆発は6日午前11時10分ごろ、同区船堀6丁目のマンホール内で発生。葛西署によると、事故当時は地上と地下の排水室をつなぐハシゴの交換作業が行われており、死亡した2人が従事していた。

 このうち30代くらいの作業員は約24メートルのマンホール下に取り残され、約6時間後に救出されて意識不明の状態で病院に搬送されていた。現場では可燃性ガスが検出されたといい、署が爆発の経緯を調べている。

 現場近くに住む女性(61)はこの日午前11時ごろ、自宅の外で「ドン」と大きな音がするのを聞いた。しばらくして防災無線で「有機ガスが流れている。火の気に気をつけて」との放送があったという。

 現場は都営新宿線船堀駅から南東に約550メートル離れた住宅街。御船紗子

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント