森保監督の先発入れ替えは正しかったのか 見えた効果と足りないもの

有料記事森保ジャパン

潮智史
[PR]

 森保監督の決断が正しかったかどうか。答え合わせは4日後のスペイン戦まで待ちたい――。そう書いたのは11月27日のコスタリカ戦のあとだった。

 答え合わせとは、逆転勝ちした最初のドイツ戦から先発を5人入れ替えた決断についてである。ここで、それに答えようと思う。

 森保監督はコスタリカ戦から中3日で迎えたスペイン戦でも先発を5人入れ替えた。そして、再びの逆転勝ち。1次リーグを首位で勝ち上がった。

 1次リーグ3試合で日本は登録26選手のうち、22人を使った。出場32チームで7番目に多い。1位は25人のブラジルで、ポルトガルフランスが24人で続く。

苦境をくぐり抜ける知恵を持っていたクロアチア

 日本と消耗戦を演じたクロアチアは32チームで最も少ない16人しか使わなかった。疲労度は日本よりもクロアチアの方が高いはずだった。

 実際、1―1に追いついてか…

この記事は有料記事です。残り381文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント