久保建英、不完全燃焼で心境変化 4年後は長いから…パリ五輪に意欲

有料記事森保ジャパン

藤木健
[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で、日本代表がクロアチアとのPK戦で敗退が決まってから一夜明けた6日、選手たちが大会を振り返った。MF久保建英(たけふさ)は「不完全燃焼だった」と悔しさを胸に、今後の飛躍を誓った。

 3日に発熱。新型コロナウイルスではなかったものの、体調不良でクロアチア戦はベンチ外となった。

 宿舎のテレビで見守り、「4年前のW杯もテレビで見ていた。また4年越しでテレビで見るのかと、なんとも言えない気持ちになった」。

 試合前には森保一監督が部屋を訪れたといい、「うつしたくなくて、申し訳ないけど大丈夫ですと言ったのに、グータッチまでしてくれた。本当にいい人で、こういう人に勝ちは転がってくる」と感じたという。

 「本当に森保監督を、チームとして勝たせられなかったことを一選手として後悔している」

クロアチア戦に「自分がいたら」という思いも

 映像を通してみるチームの戦いぶりを、頼もしく感じた。「今大会で一番良い試合の入りで、戦い方も間違っていなかった。全然不安にならなかった」

 「PKじゃなかったら勝って…

この記事は有料記事です。残り506文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント