初優勝した阿炎からのビデオ電話 母が感謝する親方からのプレゼント

有料記事

加藤秀彬
[PR]

 大相撲九州場所千秋楽で、平幕の阿炎(28)は1差で前を走る単独首位の高安を破り、28年ぶりの優勝決定巴(ともえ)戦に持ち込んだ。

 決定戦では、高安と大関貴景勝を連続で倒して初優勝を決めた。

 2年前の謹慎処分を経て幕内に復帰し、1年で駆け上がった頂点だった。

 その様子を、母の堀切早苗さん(58)はテレビで見守った。

 「人ってこんなに変われるんだと思いました。4人きょうだいの末っ子で、甘ったれで泣き虫と思っていたのに……」

 優勝直後のインタビューで、阿炎が涙を流した瞬間があった。

 インタビュアーから、体調不良で九州場所中は入院していた錣山親方(元関脇寺尾)について尋ねられたときのことだ。

 「(師匠も)喜んでいると思いますよ」と話を振られると、阿炎は手で顔をぬぐった。

 早苗さんは言う。

 「あの親方じゃなかったら今はないと、みんな分かっているので」

 阿炎は、小学生で始めた相撲…

この記事は有料記事です。残り761文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント