昭和を代表するあの名フレーズ、今も健在 そんなの、あたりまえだ

有料記事

渡義人
[PR]

まだまだ勝手に関西遺産

 百貨店の大阪銘菓コーナーで初めて見かけたとき、思わず二度見してしまった。

 「あたり前田のクラッカー」

 昭和を代表する名フレーズだと思っていたが、まさか実在したとは。赤いパッケージの真ん中に、そのままの商品名がしっかりと記されている。

 「会社の名前より、はるかに認知されている言葉です」

 製造している前田製菓(堺市)の前田堅一朗専務(41)は笑う。

 同社は1918年の創業。戦時中に乾パンを製造した技術を応用し、55年から今も販売が続くロングセラーの「前田のクラッカー」「ランチクラッカー」を作り始めた。

 当初は大阪近郊だけで売られていたが、一躍全国で知られるようになったのは、同社がスポンサーになったテレビ番組「てなもんや三度笠」の影響だ。

 笠を手にした渡世人「あんかけの時次郎」(藤田まこと)と小坊主「珍念」(白木みのる)が、全国を旅する時代劇コメディー。朝日放送(大阪市)の制作で、62~68年の日曜夕方に全国放映された。

記事後半では、あの〝前田さん〟にもひとこと、うかがいました。

 社史「朝日放送の50年」に…

この記事は有料記事です。残り1371文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント