「石油備蓄施設がドローン攻撃受けた」ロシア州知事投稿 2日連続か

有料記事ウクライナ情勢

ロンドン=金成隆一 ワシントン=下司佳代子
[PR]

 ロシア南西部クルスク州のスタロボイト知事は6日、同州の飛行場付近にある石油備蓄施設がドローン(無人航空機)攻撃を受け、炎上したとSNSに投稿した。ロシアでは5日にも二つの空軍基地で爆発があったばかりで、2日連続で被害を受けたことになる。

 スタロボイト氏はSNSへの投稿で、誰によるドローン攻撃だったかには触れず、石油備蓄施設とみられる場所から黒煙が上がる写真を公開した。負傷者はいないという。ロイター通信によると、石油備蓄施設はウクライナとの国境から約90キロの距離にある。

 一方、5日に爆発が起きたの…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り446文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

  • 会員限定の有料記事が読める!

  • 多彩なコメンテーターがニュースを深堀り

  • いま話題の最新ニュースもメールでお届け

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
ウクライナ情勢 最新ニュース

ウクライナ情勢 最新ニュース

ロシアのウクライナ侵攻に関する最新のニュース、国際社会の動向、経済への影響などを、わかりやすくお伝えします。[記事一覧へ]