• アピタル

代理出産の議論に欠けているもの 伴う非対称性、当事者たちの語り

有料記事

聞き手 田中聡子
[PR]

 代理出産を日本でも認めるべきか――。法制化の議論も起きる中、世界各地の代理出産当事者にインタビューを重ねる金沢大学助教の日比野由利さんは、「格差に対する社会の価値観の問題」と指摘します。話を聞きました。

聞こえない「当事者」の声

 ――世界各地の代理出産の当事者へのインタビューを重ねています。

 「代理出産の依頼者が体験を語ることは、海外では珍しくありません。ユーチューブなどで不特定多数に公開する人もいます。一方で日本では、代理出産は『秘密にすること』となっていて、当事者の声はほとんど聞こえません」

 「さらに海外でも、依頼される側、つまり代理母の声はそこまで広がっていません。少数の『妊娠を楽しんでいる』という動機で代理母になった人は公にすることもありますが、残りのほとんどの『経済的理由』から代理母となった人は話したがりません。代理出産は、必ずこの非対称性を伴うと留意する必要があります」

 ――「非対称性」とは、どういうことですか?

 「代理出産というシステム自…

この記事は有料記事です。残り2113文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント