空襲耐え翻訳された「キエフの幽霊」 出版関係者が語る日本への感謝

[PR]

 ロシアによるウクライナ侵攻で、ロシア軍機を立て続けに撃墜した英雄として、SNSを中心に話題になったウクライナ空軍のエースパイロット「キーウ(キエフ)の幽霊」。後に架空の人物と判明するが、この「英雄」を日本の作家が想像を膨らませて描いた同人誌の漫画がいま、戦時下のウクライナで売れているという。

 タイトルはそのまま「キエフの幽霊」。B5ほどのサイズで16ページからなる。

 漫画は、「2022年2月25日 ウクライナ上空」のシーンから始まる。

 ロシア軍機の後ろに迫る黒い影。

 「だめだ。振り切れない!」

 「こいつはまるで…ッ」

 撃墜されるロシア軍機。

 「48時間以内にキーウの制空権を奪えると言ったのは君たちではないかッ」

 上官に叱責(しっせき)され、再度ウクライナの上空に出撃するも、ロシア軍機の背後に忍び寄る1機の戦闘機。

 「まるで幽霊だ…」

 漫画はロシア側の視点から描かれている。人間ドラマはほとんどなく、戦闘シーンが中心だ。

 描いたのは、埼玉県飯能市に住む同人作家の松田重工さん。ふだんは漫画家のアシスタントとして背景などを描いている。

 幼いころから戦闘機や武器に興味があり、戦闘シーンの絵ばかり描いてきた。年に数回ある同人誌イベントのために、仕事の合間を縫って、太平洋戦争中の日本軍をテーマにした「戦記もの」を手がけてきた。

 なぜ、「キエフの幽霊」を手がけようと思ったのか。

 「戦記ものは人間ドラマがな…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り1747文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント