札幌への「逆風」ではなく「配慮」 2030年冬季五輪決定の先送り

有料記事

編集委員・稲垣康介
[PR]

 札幌市が名乗りを上げ、来秋に決める予定だった2030年冬季五輪の開催地選考について、国際オリンピック委員会(IOC)が6日、先送りする方針を決めた。

 これを受け、最有力と見られていた札幌が選ばれる可能性が低くなったと考えるのは早計だろう。

 IOCは先送りの理由に温暖化など気候変動の影響を挙げる。各都市の計画を評価する「将来開催地委員会」から今後の開催地決定について、安定的に最低気温が0度以下になる気象条件を設ける案や、一定の都市間で持ち回り開催する案などが示された。今後、冬季競技の国際統括団体などと協議を深める時間が必要になったとの説明だ。

 以前は五輪憲章に「本番の7年前に開催地を決める」ことが明文化されていたが、3年前にその条文を撤廃。バッハ会長は選考の「柔軟さ」のメリットを強調する。準備期間が短くなることへの懸念について、デュビ五輪統括部長は30年大会に名乗りを上げている都市は「いずれも過去に五輪を開いた経験があり、毎冬、大会を開いていて施設も専門知識もある。だから安心して決定を遅らせることができる」と説明する。

 いずれも合理的な説明に聞こえる。札幌と共に意欲を示すソルトレークシティー(米)は02年、バンクーバー(カナダ)は10年の開催都市で新たな会場建設の負担は少ない。

 しかし、IOC関係者に聞く…

この記事は有料記事です。残り574文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    プチ鹿島
    (時事芸人)
    2022年12月7日18時6分 投稿
    【視点】

    このニュースを知って思い出したのが10月16日の記事です。『それでも根強い、札幌五輪「有力」説 素っ気ないバッハ氏の真意は…』(朝日)という記事。 このときは「絞り込み」が先延ばしということでした。まず以下の理由があった。 ・