北朝鮮が1月に「国会」招集へ 核・ミサイル開発への言及が焦点

ソウル=稲田清英
[PR]

 北朝鮮朝鮮中央通信は7日、同国の国会にあたる最高人民会議が来年1月17日に平壌で開かれると報じた。同会議の招集は、核兵器の使用条件を定める法令を採択した今年9月以来で、来年の国の予算や人事などが議論される。

 弾道ミサイル発射など軍事活動を活発化させている北朝鮮では、12月下旬に来年の事業計画を話し合う朝鮮労働党中央委員会総会が開かれる。核・ミサイル開発や外交政策への言及などが焦点で、最高人民会議は、その内容を受けた予算などが議論される。

 9月の最高人民会議で採択された法令では、核兵器の先制の可能性を含む使用条件が定められた。会議の施政演説では、金正恩(キムジョンウン)総書記が「絶対に核を放棄することは出来ない」などと当面の方針にも言及した。(ソウル=稲田清英)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント