大阪・関西万博へ動き出す「宇宙船」 大阪メトロが新型車両を公開

有料記事

松永和彦
【動画】大阪メトロ中央線の新型車両「400系」報道公開=西畑志朗撮影
[PR]

 宇宙船のようなフォルムと八角形の斬新な「顔」が特徴の車両が、姿を現した。大阪メトロは7日、来年4月から中央線での運行を目指す新型車両「400系」を、大阪市住之江区の緑木車両工場で報道陣に初めて公開した。

 近未来を連想するような先頭車両の前面は、車内からの眺めを良くするため大きなガラス張りになっている。四隅にはLED照明が配置された。車体の扉には、中央線の路線カラーである緑を採用した。多目的車両の扉は青にするなどデザイン上の工夫が凝らされている。

 車内の座席はゆったりと座れるように、背もたれが高くなっている。大阪メトロの地下鉄車両としては初めて、窓を横に見て着席する「クロスシート」が一部に採り入れられた。防犯カメラを設置し、乗務員がリアルタイムで映像を確認できる。自動運転の機能もあり、2024年度に実証実験を始める予定だ。

 デザインは、大阪メトロの「…

この記事は有料記事です。残り382文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント