グーグル検索ワード、今年の1位は「安倍晋三」 「統一教会とは」も

有料記事

渡辺淳基
[PR]

 グーグルは7日、2022年の検索ランキングを発表した。1月から11月下旬までの期間に、前年に比べて国内での検索数が増えたキーワードを集計したもので、1位は7月の銃撃事件で死亡した「安倍晋三」元首相だった。

 2位は5月に亡くなったお笑いトリオ、ダチョウ倶楽部の「上島竜兵」さん、3位には7月に起きた「au通信障害」が続いた。

 意味や物事を調べる際に使われる「○○とは」という検索方法では、1位が「統一教会とは」、2位は「国葬とは」だった。安倍元首相の銃撃事件や、2月から続くロシアのウクライナ侵攻に関連するキーワードでの検索が上位に並んだ。

 全世界で検索回数が多かった…

この記事は有料記事です。残り267文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    藤井涼
    (CNET Japan編集長)
    2022年12月8日13時53分 投稿
    【視点】

    2022年も残り1ヶ月となり、各社から様々な切り口で「今年のランキング」が発表されていますね。映画ランキングで2位に入った「ONE PIECE FILM RED」は、8月公開ながらロングラン上映がいまも続くほどの大ヒット。それに関連して作中