FF開発でもインサイダー取引か スクエニ元社員ら再逮捕

[PR]

 人気ゲーム「ドラゴンクエスト」のほかに「ファイナルファンタジー」シリーズでも、未公表の開発情報に基づいてインサイダー取引をしたとして、東京地検特捜部は7日、いずれも大手ゲームソフト会社「スクウェア・エニックス」(スクエニ)元社員の佐崎泰介(39)、中裕司(57)の両容疑者を金融商品取引法違反の疑いで再逮捕し、発表した。認否は明らかにしていない。

 スクエニとゲーム制作会社「エイチーム」(名古屋市)は2021年2月、スマートフォン向けゲーム「ファイナルファンタジーⅦ ザ ファーストソルジャー」を共同開発すると公表した。発表などによると、両容疑者は両社の業務提携の決定などを知り、情報の公表前にエイチーム株を購入。佐崎容疑者は計約9万1千株を約1億500万円、中容疑者は計約12万株を約1億4470万円で買い付けた疑いがある。佐崎容疑者は知人にも情報を伝え、知人は計約1万株(約1180万円)を購入したとされる。両容疑者は合わせて数億円の利益を得たという。

 また特捜部は7日、スマホ向けゲーム「ドラゴンクエストタクト」をめぐってインサイダー取引をしたとして、両容疑者らを同法違反の罪で起訴した。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント