日本に「陣営対立に巻き込まれるな」と訴えた中国外相 念頭には…

有料記事

高田正幸=北京 野平悠一
[PR]

 中国の王毅(ワンイー)国務委員兼外相は7日、日中の有識者が議論する「東京―北京フォーラム」(言論NPOなど主催)の開幕式にビデオメッセージを寄せ、「陣営対立に巻き込まれるべきではない」と述べた。同盟国と協調して中国への圧力を強める米国を念頭に、日本に独立した対中戦略を持つよう呼びかけたものだ。

 王氏は「覇権を正義とするジャングルの法則に戻るべきではない。国連憲章を核心とする国際関係の基本規範を守るべきだ」と米国を暗に批判。「中日の経済貿易協力に対する悪意ある妨害を警戒し、デカップリングや分断に反対すべきだ」と述べた。対中規制を強める米国を日本が追従しないよう求めた形だ。

 歴史や台湾の問題については…

この記事は有料記事です。残り386文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント