市民生活や企業活動…制約減少 中国ゼロコロナ「全員検査」も廃止

有料記事新型コロナウイルス

北京=高田正幸
[PR]

 中国政府は7日、習近平(シーチンピン)指導部が堅持してきた新型コロナウイルスの感染拡大を厳しい措置で抑え込む「ゼロコロナ」政策を大幅に緩和する通知を出した。

 軽症者の自宅での隔離を認めたり、多くの場所でPCR検査の陰性証明の提示を不要としたりする内容で、2年以上続いた市民生活や企業活動への制約が大きく減らされることになった。

 中国ではすべての感染者が原則として政府指定の施設や医療機関で隔離されてきたが、今後は無症状者や軽症者の自宅隔離が認められる。

 公共の場所の出入りに必要だった陰性証明の提示については、医療機関や学校など一部の場所を除いて不要とし、省をまたぐ移動の際の行動履歴の確認も撤廃した。今後は都市の全住民を対象とするようなPCR検査も実施しない。

 感染者が出た場所などはこれ…

この記事は有料記事です。残り416文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]