大麻密売グループに捜査情報漏洩、5万円を得た疑い 町副議長ら逮捕

有料記事

河野光汰 華野優気 吉田博行 杉田基
[PR]

 大麻の密売グループ側に捜査機関の動きを教えた見返りに現金を受け取ったとして、大阪府警は、徳島県藍住町議会副議長の平石賢治容疑者(45)=同町奥野=と、元町職員の阿部さやか容疑者(39)=同県北島町北村=を加重収賄と地方公務員法違反(守秘義務違反)の疑いで逮捕し、7日発表した。逮捕は5日付。

 また府警は7日、住居不定の無職、金太士容疑者(52)を贈賄と地公法違反(そそのかし行為)容疑で再逮捕した。大麻密売グループのリーダーとみている。府警は3人の認否を明らかにしていない。

 捜査2課によると、平石、阿部両容疑者は共謀し、2021年9月下旬、捜査機関から藍住町役場あてに、密売グループの一員について照会があったことを金容疑者に漏洩(ろうえい)。同年10月上旬に謝礼として現金5万円を受け取った疑いなどがある。

 平石容疑者は同6月、知り合いだった金容疑者から密売グループの一員について「大麻の関係で捜査機関から照会があったら教えてほしい」と依頼され、親しくしていた阿部容疑者と依頼内容を共有した。

 阿部容疑者は町住民課で、課内の郵便物の仕分けを担当。同9月、阿部容疑者が課内の郵便物を開封して照会が来たのを知り、平石容疑者に伝えた。照会書類には、捜査の担当部署などが書かれており、事件の種別が推測できたという。

 謝礼の5万円について、府警…

この記事は有料記事です。残り1031文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント