ロシアの国境で「ウクライナ軍が侵入」のうわさ広がる 戦意も低下

[PR]

 ウクライナ軍参謀本部は7日、ロシア国内のウクライナ国境沿いにある地域で、ウクライナ側の攻撃に備えた防御陣地の強化が進んでいるとの分析を公表した。こうした地域の一つである南西部クルスク州では、ウクライナ軍が侵入するかもしれないとのうわさも広がっているという。

 クルスク州では6日、飛行場付近の石油備蓄施設がドローン(無人航空機)による攻撃を受けたばかり。ウクライナ軍参謀本部の分析によると、同州では戦場に動員された兵士が亡くなるケースも増えている。地元の若者たちの間では、戦争が以前よりも支持されなくなっているという。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント