アルゼンチン副大統領に禁錮6年、収監はされず 大統領しのぐ影響力

有料記事

サンパウロ=軽部理人
[PR]

 アルゼンチンの裁判所は6日、副大統領のクリスティナ・フェルナンデス元大統領に対し、汚職の罪で禁錮6年と公職からの永久追放の判決を言い渡した。在任中は収監されない。現地メディアが伝えた。

 検察当局は、フェルナンデス氏が大統領在任中の2007~15年、道路工事をめぐって行政に対して詐欺を働くなどしたとして、禁錮12年を求刑していた。フェルナンデス氏は判決に反発し、「私は司法マフィアの犠牲者だ」と主張した。上訴する意向を示しており、刑が確定するには数年かかるとみられている。

 フェルナンデス氏は、夫のキ…

この記事は有料記事です。残り259文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント