攻撃で生き残った元米兵や家族、犠牲者を追悼 真珠湾攻撃から81年

有料記事

ホノルル=五十嵐大介
[PR]

 旧日本軍による真珠湾攻撃から81年を迎えた7日朝(日本時間8日未明)、犠牲者の追悼式典がハワイで開かれた。攻撃を経験して生き残った元米兵や家族らが参加し、攻撃があった午前8時ごろに黙禱(もくとう)を捧げた。

 式典は、攻撃で撃沈された戦艦アリゾナを望む「アリゾナ記念館」の広場で開かれた。戦艦アリゾナで攻撃を受けて生き残ったルー・カンターさんは「未来の世代にもパールハーバーとは何だったのかを伝えるべきだ。これは歴史の大きな一部だ」とコメントを寄せた。

 真珠湾攻撃では、米兵や市民ら約2400人が犠牲となり、1100人以上が負傷。戦艦アリゾナでは乗組員1千人以上が命を落とした。

 バイデン大統領は追悼に向け…

この記事は有料記事です。残り124文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント